Column
close
カルチョーフィ
カルチョーフィ

日本ではあまり馴染みのない「カルチョーフィ(carciofi)」という食材、英名の「アーティチョーク」という名前なら耳にされたことがあるかも知れません。日本名を「チョウセンアザミ」といいます。カルチョーフィはイタリア料理の定番食材の一つで、開花する前の10cmほどの若い蕾(つぼみ)を食べます。

味と食感はユリネやイモに似ており、茹でるとホクホクしているのが特徴。最近ではその健康効果も注目されているこの食材、食物繊維も豊かで、消化を促進させる効用があります。また、肝臓や胆のうの機能を高めたり、胆汁の分泌を促進することで血中コレステロールや中性脂肪を低下させる働きがあることが、最近の研究で分かっています。

健康にも良いカルチョーフィ、Ristorante HONDA では夜メニューとして2種類のお料理でお出ししています。ひとつは、イタリア産ウサギとカルチョーフィとグリーンオリーブを使ったほうれん草の手打ちパスタ、もうひとつは、こんがりとローストしたカルチョーフィを添えたタスマニア産仔羊のロースト。 旬の素材で、皆様をお待ちしております。

close